Blog

訪問着と付下げ

 今回は、訪問着と付下げについて書きたいと思います。訪問着は、主に胸、肩、袖、裾(すそ)に模様かつながるように染めたきものです。

photo:01


付下げは、着尺を仕立てたときに模様が肩山、袖山を頂点にして前身頃(まえみごろ)、後身頃(うしろみごろ)の両面に上向きに配置されるように染め上げたきもののことをいいます。訪問着は、絵羽の形にしてから図案をのせて製作していくので柄合わせの部分も比較的考えられているので少々複雑な柄も多いと思います。しかし、付下げの方は、着尺の状態で製作するため柄合わせにあまり複雑な柄を入れますと柄合わせができなくなる可能性が高くなるので比較的柄合わせの部分には複雑な柄は少ないと思います。仕立て上がるとどちらも似ていますが製作工程が違うのも特徴です。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.