Blog

御召(おめし)きもの

今回は、御召について書きたいと思います。

御召の云われは徳川将軍の御召物から名が付けられたといわれる高級絹織物です。
織りの説明を専門的にしますと、左右に撚りの方向を変えた横糸を二本おきの交互に打ち込み、織り上げた後に温湯でもんで、撚りを戻してシボを生じさせた高度な技術を要する織物です。

御召は、京都、新潟、山形で生産されております。刺繍のように見える縫い取り御召もあります。こちらも先染めで織られているきものです。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.