Blog

播州織と柿渋の和装バック

今回は、播州織と柿渋のバックを紹介させて頂きます。播州織は、1792年に京都・西陣から織物の技術を導入して始められました。特色は、いろんな色染め上げられた糸を織機で織り上げて生地して製品になります。こちらのバックの唐草模様の部分が播州織です。上の部分の茶系の生地は、柿渋でそめてある生地を使っております。

photo:01


photo:02


東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.