催事で取り扱いました「豊和堂」をご紹介いたします。
140830_1

「豊和堂」のきものは、約500年前の桃山時代、京都所司代後、豊臣政権の五奉行にあたる前田玄以を先祖に、代々残る文献を基にして織や染めなどの染織技術に着眼し、その復元と創作から作られているきものです。

商品の特徴の一つとして「新桑繭」というものすごく細い糸の繭を使い、織った生地を使っている着物があります。
生地は、お召生地ですが、非常に軽く上品な色目で仕上げられたています。
140830_2

こちらは薄紫色の落ち着いたロイヤルカラーで上品なイメージですね。
そのきものにこげ茶色の帯を合わせてコーディネートさせていただききました。
上品な感じがなんとも言えない雰囲気を出していて、飽きのこない無地の着物になっています。
140830_3

このように「豊和堂」のきものは、上品で格調高い着物ばかりです。