東京きものせんげん台店で開催いたしました、「本藍染展」をご紹介いたします。

141020_1se

天然の藍は、種蒔き、苗床、藍刈り、藍粉成し、すくも製造、切り返し、二番葉入れ、通し、と大変な手間を熟練の技で作り出す芸術品です。

141020_2se

141020_3se

上記のきものは300年前のお品ですが、天然の藍染の為、色褪せがありません。
万葉の昔から殺菌、防虫、漢方生薬としての効用があり広く使われていたそうです。

141020_4se

染める回数により多彩な藍色が生まれます。化学染料が多い中、本物の良さに触れる貴重な機会になりました。

141020_5se

これは一目惚れしたお着物です。
身にまとうなら、本物を着たいですよね。