2015年2/20~23まで東京きもの越谷店にて行われた「春の装い展」での、二代目清次郎さんの着物を一部ご紹介させて頂きます。
150307_1

先生の特徴としては、墨書きの作品が上げられます。
着尺や九寸名古屋帯に墨書きの絵が描かれています。
150307_2

150307_3

モダンな小紋柄の作品もありました。
斬新な柄がすごくおしゃれです。
150307_4

ツバメの柄の着物も特徴的です。
150307_5

150307_6

150307_7

こちらの作品はケタ違いの高額な作品ですが、
生地といい、柄といいこだわりのあるおしゃれな着物です。
150307_8

150307_9

150307_10

150307_11

こちらの帯は紗合わせの帯の様ですが、表面がレースのようになっていて、帯芯に絵が描かれており珍しいです。
150307_12

150307_13

たくさんのお客様に、二代目清次郎さんの世界に触れ、楽しんでいただきました。
ありがとうございました。