今回は、「菱屋善兵衛の帯」をご紹介いたします。

菱屋善兵衛(木野織物)さんの創業は、今から約200年前に尾張国から入洛した木野善八氏が初代といわれており、現社長の木野善之氏で八代目になるそうです。

二代目の善兵衛が当時の丸屋と並び西陣を二分していた菱屋に入り、織物業を習得して『菱屋善兵衛』と名乗って現在の地に独立したのが文化元年(1804年)で、この年を創業としているようです。

現在は、所蔵する古代裂地を復刻した袋帯を中心に、西陣お召しなどの時代にあった商品を提供している機屋メーカーです。

140616_1

こちらが、菱屋善兵衛の帯のアップです。
経糸と緯糸の込みを一般の帯の2倍細かく織り込むことにより、文様がきめ細かく表現されています。
140616_3

140616_4

写真のようにあまり金糸や銀糸を使わず細かい組織、織りだけで色の濃淡や立体感を表現しています。精密な織物で非常に軽い帯です。
140616_5

140616_6

こちらは、4シーズン使える帯です。
写真では絽の組織が見えますが、実際はあまり絽が目立たずオールシーズン使えます。
最近は暑い時期が長くなっていますので、単衣の時期には特に重宝しますね。
140616_7

140616_8

帯芯にもこだわりがあり、金糸や銀糸を使った帯芯が用意されています。帯の隙間からチラチラと金や銀の輝きが見える様は、大変豪華です。
140616_9

140616_10

普通の袋帯とは違う、菱屋善兵衛の帯。
一度ご覧になってはいかがでしょうか。

このように今後も催事などで厳選したよい品を扱ってまいります。
ぜひお気軽に足をお運びください。