紋入れの依頼はいつなの?

今回は、紋入れの依頼について書きたいと思います。

家紋は格式を表すものですので一般にしゃれ着には付けません。
また、家紋を付ければ格が上がるため着る場や帯あわせに配慮が必要です。きものの用途によって紋の有無や数、表現方法をよく考慮することが大切です。

染め抜き紋を入れる場合、あつらえ染めのときには地色を決める前に頼むことをお薦めします。黒留袖や喪服は必ず紋を付けるため既製品でも「石持ち(こくもち)」という紋の白場が残されています。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です