紋の大きさと男の礼装

今回は、紋の大きさと男の礼装について書きたいと思います。

紋の大きさは、決まりがありませんが現代の標準は男性は約3.8cm、女性は直径約2cmです。

男性の第一礼装は黒のきもの、羽織ともに正式な家紋の染め抜き日向(ひなた)五つ紋を付けて袴を付けます。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です