黒留袖

 今回は、黒留袖について書きたいと思います。黒留袖は、黒地に染め抜きの五つ紋を付けた絵羽裾模様で、現代では既婚女性の慶事の第一礼装です。

photo:01


黒留袖を着るときには、喜びを重ねたいということから必ず白羽二重(しろはぶたえ)のものを重ねて着たものです。現代では、それを簡略化した比翼(ひよく)仕立てにして着用しています。帯締め、帯揚げは白や金のものを合わせます。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です