カテゴリー別アーカイブ: きものの主な産地と特徴

岩手 南部紫根染・南部茜染

今回は、岩手県産地の南部紫根染と南部茜染について書きたいと思います。紫草(むらさきそう)や茜草(あかねそう)の根で染める紫色や茜色は、古代から受け継がれた高貴な日本の伝統色です。どちらの植物染めも媒染剤に灰汁を使って染め上げる勘と根気のいる作業ですが、江戸時代に東北地方の南部藩が紫根染と茜染を推奨して朝廷や幕府に献上される特産物になりました。南部紫根染と茜染は、『南部絞り』という別称もあるようにごく少量の無地を除いて絞り染めをします。

photo:01


絞りの技法は、一般的な『括り染』のほかに、布地を屏風だたみにして両面から板をあて強く縛って染めた『板締め絞り』や木綿糸で縫った後に縫い糸を引き締めて染めた『縫い絞り』など素朴な染め味が特徴です。絞り染をするときは、布地を灰汁に浸して天日で乾かす作業を繰り返す『下染』の後に板締め絞りや縫い絞りで柄を絞って十数回、染液に浸して『本染』をします。かつては、大枡(おおます)、小枡、立涌(たてわく)、花輪絞りなどでしたが、今ではバリエーションが増えて、鹿の子、縫い絞り、巻絞り、三浦絞りなど、多種類の絞り技法による柄ゆきがあります。参照 「きもののたのしみ」アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

与那国織(よなぐにおり)

 今回は、与那国織について書きたいと思います。

与那国織は、日本の最西端に位置する国境の島、与那国島で織られる織物の総称です。

数種類の織物がありますが、きものによく用いられるのは、格子縞の中に小さな花模様を表現した絹の与那国花織です。

緯糸(よこいと)・経糸(たていと)が組み合わさらずに浮く両面浮き織りで、表面は緯糸が裏面は経糸が浮いています。

ほどよい光沢感と整った趣で本土の紋織物のような味わいがあります。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

八重山上布(やえやまじょうふ)

 今回は、八重山上布について書きたいと思います。

八重山上布は、沖縄の琉球諸島の西部、八重山諸島の石垣島などで作られる麻織物の総称です。

海中に浸して色止めをする海晒しや杵で布を叩いて光沢や風合いを出す杵叩きをして作ります。

紅露(くーる)という植物染料を用いて摺り込みます。白地に赤褐色の茶絣上布で知られましたが、現在は藍染めなどの色上布も多く見られます。

こちらは、八重山上布の名古屋帯です。

photo:01

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

宮古上布(みやこじょうふ)

おはようございます。

 今回は、宮古上布について書きたいと思います。

宮古上布は、沖縄の宮古島で織られる麻織物です。
繊細な地風と精緻な絣柄などが特徴です。

photo:01


photo:02


photo:03


photo:04


photo:05


photo:06


苧麻(ちょま)の手績み(てうみ)糸を用いて植物染料で絣糸を染めて手織りして仕上げに木槌で布を叩く砧(きぬた)打ちをします。

このことでロウを引いたような独特の光沢感と軽く薄い地風が生まれます。

国の重要無形文化財に指定されています。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

ミンサー織

今回は、ミンサー織について書きたいと思います。

ミンサー織は、沖縄県の綿織物です。

ミンサーとは、木綿の細帯のことをさします。
畝(うね)のある厚手な地風と市松状に配した四つ玉、五つ玉といわれる絣柄と縞の組み合わせが特徴です。
竹富島周辺で織られる八重山ミンサーが代表的です。

古くは、女性から意中の男性に贈られたといいます。
現在では、男帯のほか、女物の半巾帯や袋名古屋帯に用いられております。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

久米島紬

 今回は、久米島紬について書きたいと思います。

久米島紬は、沖縄県久米島で生産される紬です。

photo:01


photo:02


photo:03


泥染めによる黒褐色や沖縄特有の絣模様が有名です。

植物染料のみを使い、仕上げには、木槌で布を叩き、光沢や風合いを出す砧打ち(きぬたうち)など今も古い技法を守っています。

2004年に国の重要無形文化財に指定されました。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

読谷山花織(よみたんざんはなおり)

今回は、読谷山花織について書きたいと思います。

読谷山花織は、沖縄本島にある読谷(よみたん)村で織られる花織の紬織物です。

photo:01


photo:02


首里花織に比べ色や柄、技法にも南方色が強く見られます。

紺や色地に白、赤、黄、緑、紫、藍などで絣を併用して花のような幾何学模様を浮き織にします。
布の裏柄に糸が渡り、厚手なのも特徴です。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

芭蕉布(ばしょうふ)

おはようございます。

今回は、芭蕉布について書きたいと思います。

芭蕉布は、沖縄に産する糸芭蕉(いとばしょう)の繊維から採った糸で織った布です。

布地は軽く張りがあり、通気性がよいので、夏のきものに最適の織物です。

芭蕉布は、沖縄のなかで一番古い織物とされております。かつては沖縄全土で生産されていましたが、近年は少なくなりました。
わずかに沖縄本島の大宜味村(おおぎみそん)の喜奴嘉(きじょか)を中心に織り継がれており、『喜奴嘉の芭蕉布』は国の重要無形文化財に指定されています。

photo:01


photo:02


約3年かけて成長した糸芭蕉の茎から繊維を取り出して結びつなげて糸を績みますが、一反を織るのに200本の糸芭蕉が必要です。
染料には、藍色に染まる琉球藍や茶褐色に染まる車輪梅という植物染料が用いられています。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

首里織

 今回は、首里織について書きたいと思います。

首里織は、沖縄が昔、琉球王国であった時代の王府・首里で織られました。上流階級の衣料として発展してきた織物の総称です。

中国や東南アジアの影響を受けて洗練された意匠と多彩な技法を持つことに特徴があります。

紋織や絣があり、首里花織、首里道屯(ろーとん)織、首里花倉織などが代表的です。
きものや帯として作られているものは、絹糸で織られた花織がほとんどで光沢や洗練された雰囲気が特徴です。

photo:01

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

琉球絣

今回は、琉球絣について書きたいと思います。

琉球絣は、かつては沖縄県の絣織物の総称でしたが、現在は主に沖縄本島の南風原(はえばる)地区を中心に織られている絣織物をさします。
沖縄の織物の中では、最も生産量が多いものです。今は、絹織物が中心です。

photo:01


photo:02


模様は、生活道具や動物、自然などを図案化した沖縄独特の模様を織り出します。紬糸で織った袷(あわせ)用の着尺から、薄くシャリ感のある盛夏用の琉球上布まであります。
通常「上布」といえば上質な麻織物をいいますが、琉球絣の上布は絹織物をさします。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。