カテゴリー別アーカイブ: きものの主な産地と特徴

郡上紬

今回は、非常に珍しい郡上紬をご紹介させて頂きます。

photo:01


photo:02


photo:03


こちらは、岐阜県が産地の郡上紬です。最近ではなかなか見られない貴重な紬です。郡上紬は、昭和22年ごろからこの地に伝わる紬を故宗廣力三氏が地域の人たちと織り始めて風格のある紬として有名になっております。郡上紬は昔通りに高機で手織りして、草木染めで糸を染めて作られています。糸は、郡上紬だけの特色であるインド原産の野蚕糸や玉糸を使っていて、この糸は絹とウールを混ぜたような味わいがあるので、ふっくらした風合いになっています。柄は、縞や格子、ぼかしの他に斬新な配色の幾何学模様もあります。比較的趣味性の高いものが織られています。

photo:04


商品の特徴として、着物は同じパターンで出来た柄の繰り返しで出来ていますが、こちらは同じパターンの繰り返しでも手作り感があるため、微妙に色の強弱や若干の違いがあるところが特徴的です。現在では、月に2~3反の生産とも聞いている貴重な紬です。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

山形 白鷹御召(しらたかおめし)

今回は、山形の白鷹御召について書きたいと思います。山形県白鷹町で織られる白鷹御召は、生産量が少ないとはいえ板締め技法による経緯絣(たてよこがすり)の絹織物です。『小絣(こがすり)』と呼ばれる精緻な絣柄と独特のシャリ感がある鬼シボ(大きな凹凸)の地が特徴です。白鷹では紬も少し生産されていますが、代表的な白鷹御召は絣部分に強く撚った糸(御召糸)を使います。絣括りは板締めで行います。溝を彫ったブナ材の薄い板(絣板)に糸を巻きつけて平らなもう一枚の板を重ねてきつく締め上げます。これをいくつも重ねてボルトのついた押し木でさらに締めて『染め舟』という台の上に乗せて熱した染料を注ぎます。『ぶっかけ染め』と呼ばれる染め方です。板を解くと溝の部分の糸が染まって絣糸ができます。絣糸の設計は、板大工が方眼紙に図案を引いてそれを分解して絣板の溝を掘ります。この板大工も板に糸を巻いて締める絣の染め手、細かい絣柄の柄合わせをしながら一反に一ヶ月もかかって織る織り手にも熟練の技が要求される仕事です。織り上がった御召の反物は、ぬるま湯につけて『シボ出し』をするとシャリ感のある鬼シボの御召地が生まれます。袷(あわせ)にも使いますが、5、6月や9月の単衣ものにもっともふさわしい織物とされています。参照 「きもののたのしみ」アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

徳島 阿波藍染め

今回は、徳島の阿波藍染めについて書きたいと思います。

photo:01


photo:02


日本の藍は、『ジャパンブルー』として世界に知られています。植物染料の蓼藍(だてあい)のスクモを使って染めたものは、科学染料と区別するために本藍、正藍(しょうあい)とも呼ばれます。染料の原料になるタデ科の藍(蓼藍)は全国で栽培されていますが、質量ともにすぐれた徳島県の阿波藍を使った藍染めが代表的です。藍染めは、葉をそのまま使う『生葉(なまば)染め』より、藍の葉を発酵させた『スクモ』を使って染める『灰汁発酵建(あくはっこうだて)』が本格派です。夏から初秋に刈り取った藍葉に水をかけて『寝かせ込み』、五日ごとに水を打ち、まんべんなく発酵するように熊手で『切り返し』の作業を行って約100日でスクモが仕上がります。スクモは水に溶けないため、触媒に木灰の灰汁などを入れて藍甕(あいがめ)の中で寝かせて朝夕かき回しながら発酵で立つ泡『藍の花』が染液の表面に浮かぶのを待ちます。こうして染められた色は濃淡によって伝統的な名がついています。ごく淡い色は甕覗(かめのぞき)、水色は浅葱(あさぎ)や空色、濃いめの色は縹(はなだ)や藍や納戸(なんど)などあります。参照 「きもののたのしみ」アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

石川 加賀友禅

今回は、石川県の加賀友禅について書きたいと思います。加賀友禅は、加賀百万石の城下町だった金沢市を中心に生産される手描き友禅染めです。加賀には古くから『加賀染め(お国染め)』や多彩な『御所紋(現在の加賀紋)』がありました。この伝統に晩年は加賀に移り住んだといわれる京友禅の創始者、宮崎友禅斎が糸目糊の技法を加えて現在の加賀友禅が生まれたとされております。糸目糊を使って防染するのは京友禅と全く同じですが、伝統的な特徴はその図柄にあります。北国の友禅師が描く緻密で写実的な草花模様が中心です。木の葉に小さな穴や墨色の点で『虫喰い葉(わくらば)』を描き、花も小さめです。ぼかしは、京友禅とは逆に模様の端を濃くして中心を淡く染める『先ぼかし』です。色使いも多彩ながら詫びていて、臙脂(えんじ)、藍、黄土、緑、紫(または墨)を基調としてこの五色を『加賀五彩(かがごさい)』と呼びます。さらに、京友禅のように箔置きや刺繍、絞りを併用せずに手描きの染めだけで仕上げるのが伝統的な手法です。

photo:01


なお、加賀友禅は模様の下絵から彩色までを一人で行なうので、作家性の強い染物です。現在の作家作品には、自然を愛でながら伝統の匂いを残しつつ、大胆なデザインや華やかな色使いの個性的な作品が多く見られます。参照 「きもののたのしみ」アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

京都 京鹿の子絞り

今回は、京都の京鹿の子絞りについて書きたいと思います。京鹿の子絞りは、本来は京都産の鹿の子絞りだけを指しますが、他にも帽子(ぼうし)絞り、一目(ひとめ)絞り、桶(おけ)絞りなど京都で生産するさまざまな技法の絞りを含めて現在は『京鹿の子絞り』と総称されております。鹿の子絞りという名は、小さな絞りの粒が小鹿の背の斑点に似ていることから生まれました。正倉院宝物では『目結(めゆい)』と記されて別称鹿の子の最上の絞りを『疋田(ひった)鹿の子絞り』ともいいます。絞り目を斜め45度に規則正しく並べて、びっしりと埋めたのが疋田鹿の子総絞りです。

photo:01


白生地に絞り模様の水玉を彫った型紙をあてて、青花(あおばな)で摺り写してその水玉を指先でつまんで折った後に絹糸で7~8回巻いて括ります。江戸時代には、この贅沢な絹の小袖が全盛になって、何度も奢侈禁止令の対象になったそうです。今でも振袖や訪問者、羽織などのほか、帯揚げなどに使われております。参照 「きもののたのしみ」アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

愛知 有松・鳴海絞り

今回は、愛知県の有松・鳴海絞りについて書きたいと思います。有松・鳴海絞りは、愛知県名古屋市の有松と鳴海地区を中心に生産される絞り染めです。江戸時代の初めに東海道の宿場町だった鳴海で、三河木綿を使って有松で絞った豆絞りの道中手ぬぐいをみやげ物として売ったのがその始まりです。寛永18(1641)年に尾張2代藩主、徳川光友に手綱(たづな)絞りを献上して尾張徳川家の保護を受けて元禄時代は絞りのゆかたで一世を風靡したそうです。なお、有松・鳴海絞りはもともと木綿絞りでしたが、今では正絹の絞り振袖や訪問者などの生産が盛んです。有松・鳴海絞りは模様の多さが特徴です。

photo:01


photo:02


photo:03


代表的な三浦(みうら)絞りや鹿の子絞りをはじめ、巻き上げ絞りや蜘蛛(くも)絞りなど百数十種類もの技法があり、京鹿の子絞り同様に一人が一手法を専門とする完全分業制です。また、高い完成度を目指して絞り加工以外の下絵や型紙彫り、下絵刷りといった工程もすべて分業になります。参照 「きもののたのしみ」アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

静岡・東京 注染ゆかた

今回は、注染ゆかたについて書きたいと思います。注染は、現在もっとも一般的なゆかたの染色方法で、布の上に染料を注いで染める多色染めの技法です。江戸時代のゆかたの染色は『長板中形』でしたが、注染は明治時代末期に大阪で生まれて『注染中形』、『手拭(てぬぐい)中形』ともいわれています。今では東京や静岡でも生産されています。静岡では、静岡県郷土工芸品に指定され『浜松注染』とも呼ばれております。染色方法は、長さ1mの型紙を生地の上に置いて防染糊を全面に塗布して作業のたびに生地をたたみ返します。24枚または48枚に重ね合わされた生地の上に、模様の色が混ざらないように再び防染糊で堰(せき)を作り、色ごとに染料を注ぎ込みます。布の下には真空ポンプが配置されてたっぷり注いだ染料を吸引することで布の下まで染料が染み透ります。長板中形のように両面から防染しなくてもこのように両面が染まります。この技法の考案によって、両面染めだけでなく多色染めが容易にできるようになりました。伝統的な紺白ゆかたは『一色染め』、カラフルなゆかたは色ごとに染める『差分(さしわけ)染め』、2~3枚の型紙を使って差分染めを繰り返して繊細な模様を染める『細川(ほそかわ)染め』、の三種類の技法があります。参照 「きもののたのしみ」アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

東京 東京染小紋(とうきょうそめこもん)

今回は、東京の東京染小紋について書きたいと思います。東京染小紋は、東京で染められている型染め小紋の総称で、東京おしゃれ小紋と江戸小紋が東京染小紋の代表的存在です。なかでも武士の裃(かみしも)に起源をもつ江戸小紋は、色使いが控えめで渋さや粋が持ち味で、細かい繰り返し模様の単色染です。長い張り板と型紙を使う染色方法は長板中形と同じですが、片面だけを糊で防染して色を入れた染料糊で『しごき』という技法で地色を染め上げます。江戸小紋に使う型紙は美濃和紙を三枚重ねて柿渋で貼り合わせて錐(きり)などで精緻な模様を彫ったもので、伊勢(現在の三重県鈴鹿市白子・江島・寺家地区)で製作されることから『伊勢型(型紙)』と呼ばれています。

photo:01


数千種類ある型紙の模様の中で、裃に使われた柄は武家ごとに定められていたので『留柄(とめがら)』ともいいます。代表的な『鮫』、『行儀』、『角通し』を『江戸小紋三役』といいます。これらは、紋をつければ準礼装にもなる格式の高い模様です。また、江戸中期以降は町人の間でも流行したため、縞模様や日用品、道具などをモチーフにした遊び心のある模様も多く見られます。なお、江戸小紋という名称は、昭和30年、染めの技術継承者、小宮康助を重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定するとき、他の小紋と区別するために使われるようになったそうです。参照 「きもののたのしみ」アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

東京 長板中形(ながいたちゅうがた)

今回は、東京の長板中形について書きたいと思います。長板中形は、江戸時代から続く伝統的なゆかたの染色技法です。長い板の上に生地を張って作業して小紋より大きな柄の型紙を使って染めるので『長板中形』、江戸で生まれたので『江戸中形』とも呼ばれています。その特徴は、両面同板染めであることです。約6.5mの長い板に白生地を張り、その上に型紙を置いてヘラで防染糊を置きます。乾かした後にさらに生地の裏にも表の模様とぴったり重なるように糊を置きます。江戸小紋のようにヘラで染める『しごき』は、片面だけ糊を置けばよいのですが、長板中形は染料に何度も浸す『浸け染め』なので、両面に糊を置く必要があります。現在は、注染ゆかたが一般的になり、熟練した技術が必要なこの技法は重要無形文化財に指定されています。また、あまりにも高度な技術なので、本来の木綿だけでなく、麻や絹にも染められるようになっております。参照 「きもののたのしみ」アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

東京 東京友禅

今回は、東京の東京友禅について書きたいと思います。東京で染められている手書き友禅染で、江戸友禅とも言われています。この東京友禅と京友禅、加賀友禅を並べて、三大友禅と呼んでいます。宮崎友禅斎が考案したといわれる友禅染は、下絵の模様の線上に糸目糊(いとめのり)を置いた後に模様全面に色を挿して、その上に伏せ糊を置いて地色を染めて、蒸して染料を定着させてから糊を落とすという多色の模様を美しく染め分けるための染色方法です。華やかな色で雅な模様の京友禅に比べて、東京友禅は、藍、茶、白など渋くあっさりした色使いに特徴があり、模様は細やかでやや小さめで粋とモダンがコンセプトでもあります。また、その製作工程は京友禅のように分業制ではなく、一人の模様師(友禅師)が構図、下絵、糸目糊置き、色挿しを行なうのが一般的のようです。参照 「きもののたのしみ」アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。