カテゴリー別アーカイブ: きものの知識 【帯】

唐織(からおり)

おはようございます。

今回は、唐織について書きたいと思います。

唐織は、立体的な模様表現が重厚な雰囲気をかもし出します。また、中国から伝わった有職(ゆうそく)織物の織り方です。
能装束に多く使われており、その写しは帯としても好まれています。

photo:01


photo:02


参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

錦織(にしきおり)

 今回は、錦織について書きたいと思います。

錦織は、多色の色糸を緯糸(よこいと)に使用した日本の代表的な袋帯の織り方です。
さまざまな技法のある西陣帯の総称のような存在です。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

綴れ織(つづれおり)

 今回は、綴れ織について書きたいと思います。

綴れ織は、独特の技法で精緻に綴っていく帯です。
きつく張った経糸(たていと)に緯糸(よこいと)を鋸(のこぎり)の歯のように削った中指の爪で掻き寄せながら織っていく伝統的な手法です。

photo:01


帯の産地として有名な京都・西陣では、伝統的な技法によって現在も多くの帯が生産されております。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

半巾帯(はんはばおび)

おはようございます。

 今回は、半巾帯について書きたいと思います。

 半巾帯は、並幅(約30cm)に対して半分の幅の帯です。
主にゆかた用でしたが、最近は種類も豊富になっています。

photo:01


半巾帯や小袋帯は、ひとえのものと表裏別布を合わせたものなどがあり、リバーシブルで使用できるデザインも登場しています。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

博多織

 今回は、博多織について書きたいと思います。

博多織は、福岡市の博多を中心に生産される織物の総称です。

代表的な織物である帯地を指すことが多く、特に独鈷(とっこ)模様と横畝(よこうね)の現れた堅い織り味が特徴である献上(けんじょう)博多が有名です。

photo:01


献上のほかにも縞や紋織(もんおり)の帯、夏用には、地が紗(しゃ)の紗献上の帯も作られています。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

西陣織

 今回は、西陣織について書きたいと思います。

西陣織は、京都市中心部の北西部である西陣地域で生産される織物の総称です。

西陣は日本を代表する絹織物の生産地です。

起源は平安時代以前にまでさかのぼりますが、西陣織の名は、応仁の乱で西陣が本陣とした場所に乱の後、職人が集まって織物をしたことに由来してそれ以来、この付近で織られるものはすべて西陣織と呼ばれるようになったそうです。

明治時代にジャガードという機械を導入していち早く紋織の機械化に乗り出すなどして技術革新を続けております。その一方で昔ながらに手機で織り続ける伝統も守っています。

西陣で作られている織物は綴(つづれ)、唐織、羅(ら)、錦(にしき)、緞子(どんす)、朱珍(しゅちん)、金襴(きんらん)、御召(おめし)、糸織(いとおり)、紬など、帯から着尺、法衣まで広範囲ですが特に袋帯、名古屋帯をはじめとする帯が有名です。

photo:01


また、織りの着尺地は御召、紗(しゃ)、絽(ろ)など、多様な種類が織られています。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

八寸名古屋帯

おはようございます。

 今回は、八寸名古屋帯について書きたいと思います。

photo:01


八寸名古屋帯(袋なごや帯)は、仕立て上がった状態で、幅30cm長さ3.6mぐらいの帯です。

九寸名古屋帯のように裏地を付けずにお太鼓になる部分(約1mぐらい)を二重にして裏に折りかがります。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

九寸名古屋帯・染め

 今回は、染めの九寸名古屋帯について書きたいと思います。

友禅、刺繍、型、絞りなどの技法で模様を表現した名古屋帯を染め名古屋帯といいます。

photo:01


形は織り名古屋帯と同じですが、お太鼓柄といってお太鼓の部分と前帯に模様を付けた形態が多いです。

仕立て方は、胴回りと手先の部分、約2.1mを15cm幅にして芯を入れて仕立てます。お太鼓になる部分は、幅30cmになります。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

九寸名古屋帯・織り

おはようございます。

今回は、織りの九寸名古屋帯について書きたいと思います。

名古屋帯は大正時代に名古屋で考案されたものといわれております。一般的に使用され始めたのは昭和に入ってからです。

仕立て上がりの幅が太鼓の部分で30cmです。長さは3.6mぐらいです。
結んだときのお太鼓の部分が一重太鼓になります。

photo:01


photo:02


織りの名古屋帯は訪問着、付下げ、小紋、紬など着物の格と合わせて帯を選び、幅広くコーディネートをします。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

袋帯

今回は、袋帯について書きたいと思います。

丸帯はどのような結び方をしても柄が出て豪華な印象ですが、現在では袋帯が主流になっております。

丸帯は広幅一枚で幅広く織りますが、それに対して袋状で織るために『
袋帯』と呼ばれております。

photo:01


表全体に柄があるものを『全通(ぜんつう)』、六割程度柄があるものを『六通(ろくつう)』と呼んでいます。

長さは約4m20cmです。

夏物には絽(ろ)や紗(しゃ)があります。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。