カテゴリー別アーカイブ: きものの知識 【紋】

紋付きものの保管

今回は、紋付きもの保管について書きたいと思います。

紋の白場は汚れやすく、また汚れが目立つので紋の部分は丁寧に扱いましょう。

紋をきれいに保つには、着用時だけでなく保管にも気をつけることが大切です。しまうときには、必ず紋に薄紙を当ててからたたみ、たとう紙に包んで収納をします。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

紋入れの依頼はいつなの?

今回は、紋入れの依頼について書きたいと思います。

家紋は格式を表すものですので一般にしゃれ着には付けません。
また、家紋を付ければ格が上がるため着る場や帯あわせに配慮が必要です。きものの用途によって紋の有無や数、表現方法をよく考慮することが大切です。

染め抜き紋を入れる場合、あつらえ染めのときには地色を決める前に頼むことをお薦めします。黒留袖や喪服は必ず紋を付けるため既製品でも「石持ち(こくもち)」という紋の白場が残されています。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

紋の大きさと男の礼装

今回は、紋の大きさと男の礼装について書きたいと思います。

紋の大きさは、決まりがありませんが現代の標準は男性は約3.8cm、女性は直径約2cmです。

男性の第一礼装は黒のきもの、羽織ともに正式な家紋の染め抜き日向(ひなた)五つ紋を付けて袴を付けます。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

結婚後の紋は?

今回は、結婚後の紋について書きたいと思います。

嫁入り支度や結婚後にあつらえる紋付に婚家先と実家のどちらの紋を付けるか迷うところだと思います。

結婚後の紋については、地方や家によって考え方が異なりますが、一般には結婚後は実家の紋を付けても、また婚家の紋でもよいとされています。

また、女紋(おんなもん)という紋があり、これは女性だけが用いる優雅な図柄の紋(桐、藤、蝶など)を指す場合と実家の紋や女系で受け継いでいく紋を指す場合があり、結婚後も実家の紋を使う地方もあります。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

『紋』の意味

今回は、紋の意味について書きたいと思います。

黒紋付(喪服)には、なぜ五つ紋なのか?

背にある紋、背紋はご先祖さまを表しています。

両胸にある紋、抱き紋は両親を表しております。

両袖にある紋、袖紋は兄弟・姉妹・親戚を表しております。

紋には、それぞれの由来があります。

例えば、『丸に橘』
橘は、五月ごろ白い小さな五弁の花が咲き、奈良時代には好んで庭に植えられています。
京都御所の紫宸殿の左近の桜とともに右近の橘が有名です。
元明天皇がことのほか橘を好まれ、女官三千代にに橘の姓を与えられ、その子が橘諸兄で一族の家紋を橘に定めたと伝えられています。

紋のエピソードとして嫁入り道具として持って行く家財が一目で分かるように江戸時代からその風習があったようです。

それらは本来、家の格式を表しているのですが、離婚時など自分のものを見分ける目印の役目もしていたようです。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

紋の格と種類

今回は、紋と格の種類について書きたいと思います。

きものに付ける紋にはさまざまな種類があり、種類に応じた格付けがなされています。
紋の格は、技法と図柄の表現形式によって決まります。

紋を表す技法は、染と刺繍に大別され、染め紋には紋の形を白く染め抜く、染め抜き紋と色で紋を描くものがあります。染め抜き紋が最も格が高く、ほかの染め紋や刺繍による縫い紋は略式となります。また図柄は正式な家紋と好みで付ける趣味的なしゃれ紋があります。

紋の表し方には、日向紋(ひなたもん)、中陰紋(ちゅうかげもん)、陰紋(かげもん)があり、日向紋が格が高く、次いで中陰紋、陰紋の順番になります。

最も格が高い染め抜き日向紋は、紋の中を白上げにして、輪郭や詳細を細い線でかたどったもので、礼装には必ずこの紋を用います。

photo:01


染め抜き陰紋は、紋の図柄を白い線で表したもので略式の紋です。

photo:02


染め抜き中陰紋は、陰紋より太い白い線で図柄を表したもので、日向紋と陰紋の中間の略式の紋となります。

photo:03


刺繍の家紋は染め抜き紋より略式ですが、色無地や訪問着につければ略礼装となります。染め紋ほどはっきりした格の違いはなく、菅繍(すがぬい)、相良繍(さがらぬい)などの多彩な刺繍技法があります。

五つ紋は、背に一つ(背紋(せもん))、両袖の外側に各一つ(袖紋(そでもん))、両胸に各一つ(抱き紋(だきもん))が入ります。

一つ紋は、背紋だけです。

三つ紋は、背紋と袖紋のみになります。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

紋とは

 今回は、紋について書きたいと思います。

紋は、家の印として儀礼的な装飾に用いるもので現在も和服や調度品などに付けられています。紋の起源は平安時代の中期ごろ、動植物や天文、器、文字などの形をとって衣服や調度品、武具などに付け、持ち主を明らかにしたことから始まったとされています。

貴族は、装束や車などに特定の模様をつけて自家のシンボルとして、後に武士も戦場での目印として紋のついたのぼりや旗を使うようになりました。

江戸時代になると武家の家柄を表すのに必要なものとして発達して衣服に紋をつける習慣が定着しました。やがて、一般庶民の間でも装飾的に紋が使われるようになり、礼服に紋を付けるという明治以降のしきたりが現代でもそのまま受け継がれています。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。