カテゴリー別アーカイブ: きものの知識 【和装小物】

足袋の素材とこはぜ

今回は、足袋の素材とこはぜについて書きたいと思います。

足袋の素材は、キャラコ(薄地の平織木綿)などの綿100%が中心です。他に紬や麻、御召(おめし)の生地を使ったもの、綿などに化学繊維を加えたものがあります。

袷仕立ての白足袋が一般的ですが、最近はカラフルな染めの色足袋や可愛い柄足袋も増えてきました。

photo:01


留め金具のこはぜは、3枚か4枚が一般的です。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

帯留め

今回は、『帯留め』について書きたいと思います。

きものの装いの楽しみを広げてくれるのが帯留めです。

帯留めは本来、帯締めの両端に付けた金具のことでしたが、現在は平打(ひらうち)の帯締めに装飾的な飾り物を通して使用しています。

photo:01


素材は、鼈甲(べっこう)、蒔絵(まきえ)、彫金、木彫、陶磁器、象牙、七宝、ガラスなどさまざまです。

結婚式などの祝儀の場に装う留袖には、プラチナや金台にダイヤ、真珠、ルビー、サファイア、エメラルドなどの宝石が上品にあしらわれたものが最適です。

他に白鼈甲や金蒔絵も礼装向きです。
黒鼈甲や茨布(ばらふ)甲(黒い斑点のある鼈甲)、象牙などは基本的におしゃれ着向きですが、宝石や貴金属と合わせたものは礼装に使うことができます。

紋付の色無地や訪問着などの場合は、留袖についで格の高いきものですから帯留めも吟味する必要があります。

紋付でない場合は、一般に鼈甲や蒔絵、象牙や彫金、七宝など広い範囲から選ぶことができます。

カジュアルな小紋や紬、大島などのきものには、彫金や七宝、象牙、とんぼ玉、ガラスなどの中から遊び心のあるものを選ぶとよいと思います。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

下駄

今回は、『下駄』について書きたいと思います。

下駄の歴史は古く古墳時代にまでさかのぼるといわれていますが、装飾的な広がりを見たのは江戸時代以降といわれています。

駒下駄、雨下駄、日和(ひより)下駄、右近(うこん)下駄など用途や形、地方によってさまざまな名称を冠した下駄があります。

昭和以降は、草履の発達により普段用や浴衣用に用途が狭められる傾向だったそうですが、最近は見直されて浴衣のときだけでなく、おしゃれ着に似合う下駄も増えています。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

和装の履物『草履』

今回は、『草履』について書きたいと思います。

草履は、和装履物の一種で台の底は歯がなく平らで鼻緒がすげられています。

素材は、金銀の帯地や佐賀錦、錦織のほか畳表(たたみおもて)、エナメルなどがあります。

金銀のエナメル製や佐賀錦、錦織などでかかとが高いものは礼・正装に向いています。

また、かかとが低く、台と鼻緒の色が違うものは街着、おしゃれ着に向いています。かかとが高くても色によって紬などに合わせる場合もありますので参考にしてください。

草履は、かつて畳表が主流だったそうです。その経緯から白っぽい台と鼻緒のものは礼装まで可能という考え方があります。しかし、どちらが決まりであるとは言えないのでその場の雰囲気で選びます。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

髪飾り

今回は、『髪飾り』について書きたいと思います。

髪飾りには、鼈甲(べっこう)や蒔絵、彫金、木、陶磁器のほか宝石をあしらったものや縮緬(ちりめん)地を使ったものなどさまざまな種類があります。

髪飾りは、きもの姿に変化をつけるアクセサリーなのできものの雰囲気や着用する場所に合わせてつけるとおしゃれになります。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

衣裳敷(いしょうじき)

今回は、『衣裳敷』について書きたいと思います。

衣裳敷は、きものを広げたりたたんだりするときに重宝する和紙の敷物です。

photo:01


きものや帯、小物を汚さずに整理することができる優れものです。
家庭で着付けをするときには、用意しておきたいアイテムのひとつです。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

末広(すえひろ)

今回は、『末広』について書きたいと思います。

扇子は、末広がりの形から末広とも呼ばれます。

黒塗りの骨に金銀の地紙を貼ったものが一般的な祝儀扇です。



これは、フォーマルなきもの全般に使えますが、白骨の祝儀扇は色留袖、訪問着などに使い、黒留袖には使いません。

最近は、蒔絵の骨やカジュアルな竹骨のものなどもあり、黒留袖以外であればきものに合わせて選びます。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

草履

今回は、『草履』について書きたいと思います。

草履の原型は、藁(わら)の草履でしたが、江戸時代に発達し、さらに明治以降に改良されました。

現在では、礼装から普段まで履ける種類がたくさん揃っています。草履は和装の履物の主流になっています。

こちらの草履は、礼装用に履くことができるものです。

photo:01


参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

和装バック

今回は、『和装バック』について書きたいと思います。

こちらのバックは、表地に織物を使用したフォーマル用の和装バックです。

photo:01


右のバックは、お茶席など多くのシーンに活用できます。

左のバックは、結婚式や格のある宴に使用するとよいと思います。錦織や佐賀錦のほか金銀を使った洋装用のものもあいます。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

帯揚げ

今回は、帯揚げについて書きたいと思います。

帯揚げは、帯を結ぶときに帯枕の上にかぶせて前で帯の上端におさめて飾る小布のことです。

photo:01


近年は、帯結びの技術が進化して装飾性が強くなっています。

素材は、薄地の縮緬(ちりめん)、紋綸子(もんりんず)、合成繊維があります。

夏用には、絽(ろ)や紗(しゃ)があります。絞り、ぼかし染め、模様染め、無地などのほかに刺繍や金銀箔を施したものもあります。

photo:02


参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。