カテゴリー別アーカイブ: きものの知識 【きもの】

色留袖

おはようございます。
 今回は、色留袖について書きたいと思います。

photo:01


色留袖は、黒地以外の色地の裾模様で、未婚者でも着用出来ます。五つ紋のほか、三つ紋、一つ紋があり、紋の数によって着物の格が決まると言われています。正式な席で、訪問着代りに着る方もいらっしゃいます。一つ紋の色留袖は、訪問着よりもややフォーマルな装いとして着用します。三つ紋の場合は親族以外の知人の結婚式、または正式の慶びの式典に出席する場合に着られます。五つ紋の色留袖は黒留袖と同格の第一礼装です。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

振袖

おはようございます。
 今回は、振袖について書きたいと思います。振袖は、未婚の女性が着る礼・正装用の袖丈が長いきもので、未婚女性の第一礼装です。

photo:01


袖丈の長さによって大振袖、中振袖、小振袖があります。袖の長さ大振袖(115cm以上)中振袖(95~115cmぐらい)小振袖(85~95cmぐらい)古典的な模様から、モダンな感覚のものまで豊富にあります。フォーマルなきものですから、重ね衿を合わせ、やや太組の帯締め、ボリューム感のある絞りの帯揚げなどで華やかに装いをするきものです。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

訪問着の種類

 今回は、訪問着といってもいろいろな訪問着の種類があることを書きたいと思います。モダンな訪問着パーティなどに向く個性的な装い。

photo:01


紬地に友禅染めの訪問着紬地を染めて下地にしていてその後、友禅染めで柄を描いている訪問着。フォーマルやお出掛け着としてもおしゃれ着としても着こなすことができます。

photo:02


織り絵羽の訪問着紬を織るときに、胸、肩、裾の模様が繋がるようにデザインした訪問着。いわゆる絵羽柄になっている紬の訪問着です。趣味性の高いおしゃれ着とされております。

photo:03


このように訪問着といってもいろいろありますし、用途も変わって来ます。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

訪問着と付下げ

 今回は、訪問着と付下げについて書きたいと思います。訪問着は、主に胸、肩、袖、裾(すそ)に模様かつながるように染めたきものです。

photo:01


付下げは、着尺を仕立てたときに模様が肩山、袖山を頂点にして前身頃(まえみごろ)、後身頃(うしろみごろ)の両面に上向きに配置されるように染め上げたきもののことをいいます。訪問着は、絵羽の形にしてから図案をのせて製作していくので柄合わせの部分も比較的考えられているので少々複雑な柄も多いと思います。しかし、付下げの方は、着尺の状態で製作するため柄合わせにあまり複雑な柄を入れますと柄合わせができなくなる可能性が高くなるので比較的柄合わせの部分には複雑な柄は少ないと思います。仕立て上がるとどちらも似ていますが製作工程が違うのも特徴です。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

江戸小紋の模様

おはようございます。
昨日も少しご説明させていただきましたが、今回は江戸小紋の模様の種類を少しご説明させて頂きます。

行儀小紋江戸小紋の代表的な格調のある模様の一つで、斜めに整然と行儀よく点が並ぶのでこの名が付いたそうです。角通し小紋細かい正方形を縦横正確につらねた模様です。

万筋小紋筋とは縞(しま)を意味しており、万筋はひと幅に万もあるかと思うほど細かい縞柄の意味の名前です。他にも千筋、毛万筋などもあります。
写真があればもっとわかりやすかったかもしれませんが、なかったのですみませんでした。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

江戸小紋

今回は江戸小紋について書きたいと思います。

江戸小紋は極小の模様の型染めで、主に一色染めのきもののことをいいます。

江戸時代の武士の裃(かみしも)に、それぞれの藩が定めた小紋を用いたことから発展したそうです。模様の種類によって一つ紋を付けて略礼装にしたり、趣向を凝らしておしゃれ着にすることも出来ます。

代表的な江戸小紋の模様として鮫小紋、行儀(ぎょうぎ)小紋、角通し(かくどおし)小紋、万筋(まんすじ)小紋などがあります。鮫小紋

photo:01


鮫小紋は鮫皮のように一面細かい点を白抜きに染めたものです。鮫、行儀、角通しは小紋三役と呼ばれています。

型紙は伊勢型と呼ばれる型紙を使って染められております。今では職人さんの数も激減しており、大変貴重な型紙となっております。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

色無地

今回は、色無地について書きたいと思います。色無地は紋意匠(もんいしょう)縮緬(ちりめん)や紋綸子(もんりんず)などの素材の黒以外で一色染めにした無地のきものをいいますが、同色の裾(すそ)ぼかしも色無地の一種です。

代表的な着こなしとして三通り紹介させて頂きます。

袋帯を合わせてお茶席や記念式典に来ていく。
黒共帯を合わせて通夜や法事などの装いに来ていく。
また、調和のよい帯を合わせてコンサート、お茶会などにも着こなすことができます。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

木綿のきもの

おはようございます。
 今回は木綿のきものについて書きたいと思います。

木綿は木綿糸を使用した織物です。
日本各地には、さまざまな綿織物があり、なかでも絣織物で有名なのは久留米絣です。

江戸時代後期に、井上伝という女性が木綿糸を使用して作り始めたといわれております。藍染に白絣が中心ですが、縞や格子のデザインも人気があります。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

御召(おめし)きもの

今回は、御召について書きたいと思います。

御召の云われは徳川将軍の御召物から名が付けられたといわれる高級絹織物です。
織りの説明を専門的にしますと、左右に撚りの方向を変えた横糸を二本おきの交互に打ち込み、織り上げた後に温湯でもんで、撚りを戻してシボを生じさせた高度な技術を要する織物です。

御召は、京都、新潟、山形で生産されております。刺繍のように見える縫い取り御召もあります。こちらも先染めで織られているきものです。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

 今回は、紬について書きたいと思います。

photo:01


写真の左側の商品が紬です。

紬は絹織物の一種で、真綿糸や玉糸などを使った先染め・平織の織物を意味します。

先染めとは、糸の状態で染め、柄合わせをしながら織って生地にすることです。また、平織は縦糸と横糸を交互に織り込んでいく基本の折り方です。

小紋とは製造工程がちがうのです。紬は全国各地で織られており、結城紬、塩沢紬などのように産地名をつけたものが多くあります。

無地もありますが、絣(かすり)、縞(しま)、格子(こうし)などが主で、絣で模様を織り出したものは技術的にも手間がかかります。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。