カテゴリー別アーカイブ: きものの知識 【きもの】

結城紬②

今回は、結城紬について書きたいと思います。

結城紬は、茨城県結城市、栃木県小山市を中心に鬼怒川沿い一帯で生産しております。
撚りをかけない手つむぎ糸を地機(居坐機(いざりばた))で手織した生地は柔らかくて軽く「三代着て味が出る」といわれるほど丈夫な織物です。

結城地方の織物は、奈良時代には「?(あしぎぬ)」(糸の太い絹織物、紬の原型)として朝廷に献上されて正倉院にも収蔵されています。

鎌倉時代には、領主結城氏が織物の育成に努めたことから、後年結城紬という呼称が生まれました。

江戸初期、代官伊那備前守が京都や信州から染工や職工を招いて品質の向上をはかり、「糸質強靭(きょうじん)、染色堅牢(けんろう)、製法精緻にして雅趣に富む」と賞賛されるようになりました。

明治時代には、それまで無地か縞柄だった結城紬に精巧な十字絣や亀甲絣が生まれて、複雑な絵絣も織られるようになりました。

本場結城紬は反物に織り上げるまでに20近い工程を経て作られます。その中で、「糸紡ぎ」、「絣括り」、「機織」の三つの工程が昭和31(1956)年に国の重要無形文化財の指定を受けました。

「糸紡ぎ」は、繭を煮て袋状または四角に広げた真綿を「つくし」という糸巻きのような道具に掛けて、細く均等に指先で糸を引き出す工程です。
一反のために350枚ほどの真綿から紡ぎます。

紡がれた糸は「絣括り」の工程に進みます。経糸と緯糸を絣に括る位置に印を付けた後に綿糸で強く括ります。

「機織」は、もっとも古い形の手織機である地機(じばた)で織ります。
織り手が床に座り、機を張る経糸を腰当てに結び付けて腰の屈伸で糸の張り具合を調節しながら織るのは労力も時間もかかって熟練した技術が必要ですが、結城紬独特の弾力のある織り味はこの方法から生まれています。

結城紬は、藍、茶、浅葱(あさぎ)、ねずみ色が基本でしたが、現在は多彩な色使いのものも多く、また白生地に織った結城紬に絵羽模様の「染め紬」の訪問着なども生産されています。
このほかにも夏向きの「結城縮」もあります。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

結城紬の良さ

今回は、結城紬の良さについて書きたいと思います。

結城紬は、世界で唯一の撚りのない糸で織り上げられたきものです。
1500年もの歴史があり、紬の原点ともいえるきものです。

「撚りのない、かさ高」な糸を使っているので軽くて暖かい。
また糸に復元力があるので、シワになりにくく、しかも丈夫です。
シンプルな色柄のものが多く、自分らしいおしゃれが楽しむことができるきものです。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

とうして結城紬がユネスコ無形文化遺産に?

今回は、どうして結城紬がユネスコ無形文化遺産になったのかについて書きたいと思います。

結城紬は、結城紬の作り方が数ある紬織りの原点だらといわれております。
日本に限らず、世界各地に紬織りはあります。しかし、結城紬はいまだにその原点だといえるつくり方を守っています。そしてその技術は、他では真似のできないくらい高度で手間のかかるものでもありますので、そのことが国の重要無形文化財に指定されて、さらに今回の無形文化遺産に登録されています。

①「手つむぎ」は、世界でも唯一の撚りのない糸です。
本場結城紬は真綿から手だけを使ってつむぎ出す手つむぎ糸を使っています。この糸は世界中でも結城にしかない撚りのない糸といわれているそうです。

②「絣くくり」は、原始的な模様の作り方です。
結城では、模様となる部分を一箇所ずつ木綿の糸で括って染め抜いています。絣模様の作り方としてはとても原始的な方法で行われております。結城紬はミリ単位の細かい柄を作っております。

③「地機織り」は、日本最古の織機です。
本場結城紬を織るのに使われている地機は、日本でも最古の織機といわれています。経糸を腰で張りながら全身を使って織っていきます。

 

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

結城紬の歴史

今回は、結城紬の歴史について書きたいと思います。

結城紬は2000年の歴史を持つといわれております。
鬼怒川沿いの恵まれた風土に育てられたこの織物は、さまざまな歴史の波にのまれながら紬織りの原点といえるつくり方を守っております。

この技術が認められて昭和31年に国の重要無形文化財に指定されております。
さらに2010年11月にユネスコの無形文化遺産として登録されました。

そのことにより、日本の伝統文化である本場結城紬が世界最高峰の絹織物として認められることになっております。

紀元前 「あしぎぬ」という結城紬の原型となるものが織られる

1332年 「庭訓往来」の中で常陸紬という名で紹介される

1712年 「和漢三才図絵」(江戸時代の百貨辞典)にて紹介される

1865年 はじめて絣の結城紬が織られる

1953年 茨城県無形文化財に指定される

1956年 糸つむぎ・絣くくり・地機織りの三工程が国の重量無形文化財に指定される

1988年 茨城県郷土工芸品に指定される

2010年 ユネスコ無形文化財遺産に登録される

無形文化遺産とは、ユネスコが登録する無形の文化遺産のことで、世界遺産が場所や建物を指すのに対して無形文化遺産は民族の文化芸能や伝統技術などの形がないものを対象としています。
日本からはこれまでに能、文楽や歌舞伎、織物では越後上布と小千谷縮が登録されております。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

重要無形文化財の芭蕉布

今回は、芭蕉布について書きたいと思います。

photo:01


photo:02


芭蕉布は、数多い沖縄の染織品の中でも最も古くからある織物です。13世紀にはすでに織られていて、17世紀には沖縄の人たちの生活に欠かせない布だったそうです。糸染めには、琉球藍や車輪梅(しゃりんばい)のほかさまざまな植物染料が使われています。戦後、壊滅的な状態だった芭蕉布を平良敏子(たいらとしこ)さんが復興させて1974年に『喜如嘉(きじょか)の芭蕉布保存会』が国の重要無形文化財に指定されました。参照 「きもののたのしみ」アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。   

織りのきもの【御召】

 今回は、織りのきものの御召について書きたいと思います。

御召は、「御召縮緬」の略で縮緬の一種です。徳川十一代将軍の家斉が御召を好み、貴人のための衣類「御召料」が略されて御召と呼ばれるようになったといわれております。

普通の縮緬は白生地で、染め加工をする後染めの素材ですが、御召は、糸を染めてから織る先染めです。生地の表面に細かい凹凸があり、これもシボと呼びます。このシボを出すために、緯糸には強く撚りをかけた生糸(強撚糸)を使って織られます。張りがあり、シャキッとした風合いです。

御召にはたくさんの種類があります。縞を織り表した縞御召、模様を織り出した絣御召や紋御召、縫取り御召などがあり、柄や風合いもさまざまです。

御召は大正時代から昭和の三十年代にかけて流行して多様なものが作られました。

現在は、京都の西陣御召、新潟の本塩沢(塩沢御召)、山形の白鷹御召などが代表的です。

縞御召

photo:01


縞柄を織り出したクラシカルな雰囲気の縞御召のきものです。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

織りのきもの【紬】

今回は、織りのきものの紬について書きたいと思います。

紬は、紬糸を使った先染めの織物です。太さの不均一な紬糸を使った織物なので、ざっくりとした独特な味わいのある生地になるのが特徴です。
素朴で温かみのあり、やや固めの風合いです。

繭を煮てやわらかく広げた真綿から手で引き出して作られた紬糸を手織り機で織ったものが紬です。

本場結城紬では、今でも手作業で糸を引き出して紬糸を作り、昔ながらの地機で織られています。現在では手紡ぎで糸を作ることが非常に高価なため一部に機械を用いて作られた紬糸を使った紬もあります。また、大島紬のように紬糸を使っていないものでも紬と呼ばれているものもあります。

紬は、縞や格子柄のほか、糸を部分的に染め分けた絣の柄を組み合わせて模様を織り出すものがあります。糸は、科学染料や藍、紅花、刈安(かりやす)などの植物染料を使って染めています。

紬は、全国各地で作られていて、それぞれにローカルな特色を持っています。有名なものに結城紬と大島紬がありますが、ほかにも山形の置賜紬(おいたまつむぎ)、新潟の小千谷紬、塩沢紬、十日町絣、長野の信州紬、沖縄の久留米絣など、さまざまな紬があります。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

色喪服

おはようございます。

 今回は、喪服についての第二弾として色喪服について書きたいと思います。

色喪服は通夜、一周忌、三回忌などの法事には色喪服に黒い帯や小物を合わせて装います。

色喪服は紫、紺、グレーなどの無地の着物に黒の帯、小物一式を合わせます。
地紋がない無地の着物か、弔事に向く地紋でも構いません。
染め抜き一つ紋を付けます。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

喪服

今回は、喪服について書きたいと思います。

喪服は大きく分けて黒一色の喪服と色喪服があります。

黒いきものに黒い帯(黒共帯)の喪服は喪の第一礼装で告別式に着ます。

photo:01


photo:02


喪の正装は、既婚、未婚の区別はなく、黒の一越縮緬(ちりめん)などで染め抜き五つ紋の着物に、半衿、足袋以外はすべて黒で統一します。
夏用としては生地に絽(ろ)を用います。
比翼や重ね衿は悲しみを重ねないという意味で付けません。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

黒留袖

 今回は、黒留袖について書きたいと思います。黒留袖は、黒地に染め抜きの五つ紋を付けた絵羽裾模様で、現代では既婚女性の慶事の第一礼装です。

photo:01


黒留袖を着るときには、喜びを重ねたいということから必ず白羽二重(しろはぶたえ)のものを重ねて着たものです。現代では、それを簡略化した比翼(ひよく)仕立てにして着用しています。帯締め、帯揚げは白や金のものを合わせます。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。