カテゴリー別アーカイブ: 長襦袢 東京きもの

正絹の洗える絽の長襦袢『ふるるん』

今回は、正絹の洗える絽の長襦袢をご紹介させて頂きます。

photo:01


photo:02


こちらの長襦袢は、正絹で洗える絽の長襦袢です。見た目、手触りもほとんど通常のものと変わりませんが、ご家庭で水洗いができる優れものです。通常、絹は家庭で水洗いは出来ないですが、こちらの長襦袢出来ます。夏場の暑い時期に着物を着ると汗をかき洗濯に気を使います。ご家庭で気軽に洗濯が出来る優れものです。こちらの商品の特徴をご説明させていただきます。こちらは業界初の加工特許をとっているようです。1.分子レベルの繊維改質のため、風合いを変えることなく繊維を特殊な方法で補強してスレや毛玉の原因になる毛羽立ちを防いでくれるようです。洗ってもスレや縮みが少ない。2.分子に直接結合させる超撥水技術のため従来の撥水加工とは全く違う発想から生まれた技術で作られています。従来の撥水加工は、繊維の表面に撥水剤の膜を施しているのに対してこちらの商品は繊維の中まで撥水剤を行き渡らせて繊維と撥水剤を分子レベルで結合させているようです。生地本来の風合いや通気性はそのままで水や汚れを繊維から守って強力な撥水効果を持続させているようです。汗や汚れが付きにくい。3.特殊紡縮技術により繊維の縮みを最小限に抑えているようです。通常絹布は水に濡れると縮む性質を持っています。絹本来の柔らかさと通気性があります。このような新しい商品を使って見てはいかがでしょうか?お試しになってくださいね。この生地の実験の様子をご覧ください。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

新機能素材 クライマドライ

今回は、新機能素材の合繊長襦袢を紹介させて頂きます。

photo:01


こちらの長襦袢は、東レ合繊クラスターの『ナノテク素材分科会』で新たに開発した加工技術により新開発の吸湿・吸水モノマーを繊維表面上でポリマー化して接着した『クライマドライ』です。高い質感と多彩な表情をもつポリエステルの特性をそのまま活かしながら、衣服内の水蒸気を吸い取り、外気に放出する吸放湿性がムレ感を抑えて、快適な着心地を実現しています。また、汗を素早く吸収する吸水性にも優れています。吸水性試験で試験生地に水を10mmの高さから一滴、滴下した際の水滴が生地表面に達した時からその水滴が生地に吸収されて特別な反射をしなくなるまでの時間を計測した結果が次の通りです。ポリエステル未加工品 2分7秒コットン 3.5秒クライマドライ 4.4秒この結果、限りなくコットンに近い状態になっております。こちらの長襦袢は、夏用の絽の長襦袢です。

photo:02


photo:03


こちらのシーズンにお試しになってみてくださいね。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

シルックの長襦袢 爽竹

今回は、東レのシルックの長襦袢『爽竹』を紹介させて頂きます。

photo:01


photo:02


photo:03


こちらの長襦袢は、夏用のポリエステルの長襦袢ですが、従来の合繊の長襦袢と違って湿気を吸収してムレにくい素材になっております。また、ご家庭で簡単に洗濯ができ、ノーアイロンで着こなしもきれいです。いつまでも白さや色柄がくっきりして、汗の匂いが気になる夏も抗菌・防臭で清潔です。夏でも爽やか吸汗加工がしてあり、静電気をおさえて、裾さばきもサラサラです。こちらは、今注目の竹繊維が織り込まれております。竹繊維は、抗菌性に優れており、湿気を吸収しやすく、ムレにくい快適な素材です。実際に触ってみますと柔らかく肌触りも絹に近いです。従来の合繊の長襦袢のようなごわつき感がなく、涼しく着ることができると思います。また、これからの季節は汗をかきますので、合繊ですとご家庭で気軽に洗濯できるのもいいですよね。これからの季節にもってこいの長襦袢です。只今、当店で特別価格で販売中です。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。