カテゴリー別アーカイブ: 訪問着 東京きもの

少しモダンな訪問着

今回は、少しモダンな訪問着をご紹介させて頂きます。

photo:01


こちらの訪問着は、少しモダンな柄が入っていて、年齢幅の広い訪問着です。地の色は、ピンクと薄紫の中間のような色目です。

photo:02


袋帯は、普通の帯とは少し違ったモダンな柄の帯でコーディネートされています。

photo:03


photo:04


こちらの袋帯は訪問着だけでなく、留袖などにも使え一段と着物を引き立ててくれると思います。黄緑色の帯〆のコーディネートが着物を引き立てていますね。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

ピンク地の古典柄の訪問着

今回は、ピンク地の古典柄の訪問着をご紹介させていただきます。

photo:01


こちらの訪問着は、フォーマル向きの古典柄の訪問着です。結婚式にはもちろんのこと初めて訪問着を持つ若い方から中年の方にも長くお召しになれる着物です。

photo:02


こちらの着物は、あまり派手な色を使っていませんし、柄で使われているエンジの色がポイントを出していると思います。今回は、若い方向けのコーディネートですが、帯や小物を変えると中年の方でも比較的長くお召しいただけると思います。

photo:03


袋帯は、京都西陣で有名なとなみ織物さんの帯で合わせさせて頂きました。着物に色目も柄もピッタリな組み合わせだと思います。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

紺地の素描きの訪問着

今回は、紺地のロウ彩の素描きの訪問着をご紹介させていただきます。

photo:01


こちらの訪問着は、素描きで柄を描いています。素描きとは、生地に直接筆で風景画などを描いて柄を表現しているものです。こちらは、染料にロウが入っていているため染料のかすれ具合に特徴が出ています。遠目に見ると立体感があります。袋帯も銀糸が浮かび上がって見え、高級感があります。良い帯を付けると着物を引き立ててくれるので重要なアイテムになります。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

紫地の絵羽小紋の訪問着

今回は、紫地の絵羽小紋の訪問着をご紹介させていただきます。

photo:01


こちらの訪問着は、伊勢型の型で染められた絵羽小紋の訪問着です。江戸小紋柄がいくつも入っていてとても豪華な着物です。

photo:02


袋帯は、同系色の葉の柄が入った白地の帯です。こちらの帯は非常に軽く薄く出来ているので単衣の時期にでも使いやすい帯です。帯〆、帯揚げは紫系等で合わさせて頂きました。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

紗合わせの訪問着

今回は、紗合わせの訪問着をご紹介させていただきます。

photo:01


こちらの訪問着は紗合わせの訪問着です。生地が二重になっています。下地の着物が織りになっていて、その上に紗の生地で重なっているためにおしゃれに見えるのが特徴です。

photo:02


こちらの訪問着が単衣の時期、6月、9月にお召しになれる着物です。最高のおしゃれを楽しみたい方にはオススメの着物です。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

黒地の型友禅の訪問着

今回は、黒地の型友禅の訪問着をご紹介させていただきます。

photo:01


こちらの訪問着は、型で染められた訪問着です。型で彫られたいくつもの柄が入っていてとても豪華な着物です。

photo:02


袋帯は、同系色の色の笹の柄が入った白地の帯です。こちらの帯は非常に軽く薄く出来ているので単衣の時期にでも使いやすい帯です。帯〆、帯揚げは黒系等で合わさせて頂きました。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

本加賀友禅

今回は、先日問屋さんに行ったときに見た本加賀友禅のコーナーを紹介させて頂きます。

photo:01


photo:02


本加賀友禅は、箔や刺繍を使わずに友禅という染めの技法で作られた着物です。石川県で作られています。糸目糊を使って防染するのは京友禅と全く同じですが、伝統的な特徴はその図柄にあります。北国の友禅師が描く緻密で写実的な草花模様が中心です。木の葉に小さな穴や墨色の点で『虫食い葉』を描いて花も小さめです。ぼかしは、京友禅とは逆に模様の端を濃く、中心を淡く染める『先ぼかし』になっています。色使いも臙脂(えんじ)、藍、黄土、緑、紫(または墨)を基調としてこの五色を『加賀五彩』と呼んでいます。加賀友禅は、模様の下絵から彩色までを一人で行うので作家性の強い染物です。最近は、レディー・ガガの影響で『Lady kaga』として加賀をアピールして町おこしをしていますね。この伝統文化を残しながら町おこしができるとよいと思います。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

紗袷の訪問着

今回は、紗袷の訪問着を紹介します。こちらの訪問着は、紗袷です。当社の『夢道楽』というブランドの商品の中のひとつです。

photo:01


表地の一枚目は、鉄色の紗の無地になっています。二枚目は、白地の絽に素描で波の柄が描れています。

photo:02


二重に合わさるとなんとも言えない雰囲気になります。

photo:03


紗袷は、単衣の時期、6月と9月にお召しになることが出来る最高のおしゃれきものです。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。   

訪問着

 こちらの商品は更紗模様の訪問着です。

photo:01


ひと昔は結構高価なものでしたが、値段を見てびっくりしました。自分でいうのはなんですが・・・最近は、結構掘り出しものも出ています。呉

服屋さんとの付き合いですが、おみせの方と仲良くなっていると掘り出しものが出た時に情報を教えてくれます。上手な活用をすると得ですよ。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。