創業50周年記念「大創業祭」東京きもの越谷店

今回は、創業50周年記念「大創業祭」東京きもの越谷店の様子をご紹介させて頂きます。


こちらが今回のメインコーナーの「都摺浪漫(みやこずりろまん)」という擦り友禅のコーナーです。

一つの柄を染めるのにも何枚もの型紙を使って染められます。染める染料に馬の毛で作られた刷毛で染めます。刷毛は円を描くように型紙の上から生地を摺るように染められていきます。


こちらは、新潟十日町の「おぼろ染め」の着物です。

こちらも手が込んでいる訪問着です。


こちらは和装小物コーナーで50周年にちなんで50円から揃っています。


そして最後に振袖のコーナーです。

たくさんの振袖を取り揃えております。


今後とも東京きものをよろしくお願いします。

創業50周年記念「大創業祭」東京きもの千間台店

今回は、おかげさまで東京きものは創業50周年を迎えさせて頂きました。

これもひとえに皆様方のあたたかいご支援があったからこそと心から感謝申し上げます。

そこで今回は50年間のありがとうの気持ちを込めた「大創業祭」の千間台店の様子をお知らせさせて頂きます。

今回のメイン企画である「都摺浪漫(みやこずりろまん)」という摺り友禅を展示させて頂きました。

先生による実演もあり、型紙を何枚も使用して作られた着物がたくさんありました。

こちらは新潟十日町の「おぼろ染め」のコーナーです。

十日町の商品は、高級品が揃っていて手が込んだ着物がたくさんあります。

こちらは、夢道楽のコーナーです。

良い商品、貴重な商品を厳選して集めた着物です。

今までも多くのお客様に喜んで頂いている商品です。

こちらは、和装小物の特価コーナーです。

今回は、50円均一コーナーからいろんな商品を取り揃えました。

多くの皆様に喜んで頂きました。

会場の様子です。

多くの方にご来店頂き喜んで頂きました。

今後とも東京きものをよろしくお願い致します。

着物で行く「東京タワーと柴又帝釈天」③

柴又帝釈天では、映画でおなじみの街の雰囲気を楽しみながらお団子屋さんでひと休み致しました。

一息入れた後、帝釈天に向かい、途中のお店で買い物をしたりしながら散策致しました。

最後は、帝釈天の前で記念撮影をさせて頂きました。

やっぱり大勢で着物で街を散策する姿は美しいものだなと実感しました。

ぜひ、このような着物を着て出かけるイベントに今後とも多くの方に参加して頂くことを願っております。

着物文化を伝えて行くことにも繋がりますよね!

着物で行く「東京タワーと柴又帝釈天」②

食事の後、東京タワーへ向かいました。

途中、アメリカのトランプ大統領が来日していたせいか、交通規制があり道が渋滞していましたがなんとかたどり着きました。

東京タワーの前で記念撮影をさせて頂きました。

エレベーターに乗って展望台に向かうと着物姿のお客様で埋め尽くしてしまいました。

東京タワーの展望台には仮設の神社があり、お参りをしている姿がありました。

着物姿にはピッタリでした。

展望台を後にして下のお土産コーナーでは、ちょっと一息、アイスやお茶を飲んで休憩する姿もありました。

そしてこの後、柴又に向かいました。

着物で行く「東京タワーと柴又帝釈天」①

今回は、お客様と共に着物を着て東京タワーと柴又帝釈天に行きました。

朝10時ごろ出発しました。

お店の前で記念撮影をしました。大勢の着物姿は圧巻でした。

途中高速道路のパーキングに止まって大勢の着物姿に驚いた方もいらっしゃいました。

まずは腹ごしらえということで、赤坂にあります「川の音(かわのね)」というところで食事をしました。

こちらは、お店に入ると川のせせらぎがあり、魚も泳いでいて雰囲気の素晴らしいところでした。

大勢のお客様で雰囲気の良いところでお食事楽しみました。

皆さん雰囲気の良いロケーションで素晴らしい着物姿と記念写真を撮りました。

創業49周年「本決算大処分市」ありがとうセール

おかげさまで創業49周年の決算を迎えることができました。

日頃の感謝の意味を込めましてバーゲンセールを行いました。


目玉の1つとしてきものと帯で50%OFFのコーナーや染めの着物、織りの着物、袋帯、名古屋帯が1万円、3万円、5万円と破格値でご用意させて頂きました。


その他にも和装小物をありがとうサンキュー価格で390円からご用意させて頂きました。

きものメンテナンスのコーナーでは、丸洗いが半額で行ったりして大盛況でした。


また、京都の帯屋さんで「蔦屋久兵衛」さんのコーナーもご用意しました。

多くのおかげに喜んで頂きました。

秋一番「収穫祭」

今回は、秋一番「収穫祭」という催しをご紹介させて頂きます。

呉服業界も秋一番にいろんな商品が発表されたり催しが行われます。私達もお客様に向けて秋に向けてお客様にいろんな商品をご提案させて頂くためにこのような催しを行いました。

通常、秋は豊作を祝う「収穫祭」というのが行われます。私達もお客様に向けていろんな商品の提案をさせて頂こうとこのような催しを行いました。


今年の夏は、雨が多く野菜などの収穫に影響が出て、野菜が高騰している情報が入りました。

お客様には喜んで頂きたいと野菜の詰め放題をさせて頂きました。


色とりどりの野菜ということをかけて色とりどりの色無地をご用意させて頂きました。

巷では、皇室の眞子さまがご婚約されたということもあり、ロイヤルカラーの色無地や生地に地紋が入っている色無地、染めではなく織の色無地などいろいろな商品を揃えさせて頂きました。


こちらのコーナーは、博多織屋「誠之輔」さんのコーナーです。

八寸名古屋帯の珍しい柄が揃っていました。

普通の八寸名古屋帯は、献上柄が多いと思いますが、こちらはおしゃれな柄から袋帯のような柄までいろんな柄の帯が揃っていました。

こちらは、織りで作られた藍染の格子柄の着尺です。

複雑な柄を織りで表現された着物です。帯のコーディネートもバッチリです。


その他にも印伝の小物のコーナーも用意いたしました。

印伝ファンには貴重な商品です。


その他、半衿や帯留めも取り揃えました。


今回も大変多くの方にご来店頂いて喜んで頂きました。

創業49周年総集展 「びっくり蔵出し市」

今回の夏の総集展は「びっくり蔵出し市」です。

いつもお世話になっている地域の皆様に感謝の気持ちを込めて、四つ葉のクローバー探しや10の縁のサービスなど楽しいことやお得なことがあります。

今回の品揃えとしては、中々ない珍しい着物や貴重なものまでご用意させて頂きました。


こちらは、着物を着て喜び、着て楽しむ着物「喜楽庵」の商品です。


お召しの着物や能州紬と言って海草を染料にして染めた着物などちょっと珍しい着物です。

帯は山口美術織物さんの帯を集めコーナーにしております。

フォーマルからおしゃれまで色々な商品が揃っておりました。


こちらは、米沢の五百機織(いおはたおり)という商品です。

簡単に言うと染の江戸小紋のように細かい縞模様や角通しのような模様が織で表現されている着物です。

無地感覚のおしゃれな要素と織りの着物扱いやすさを兼ね揃えた着物です。


こちらは、草履のコーナーです。

夏ということで、コルクを素材した草履の台にお好きな鼻緒をすげて作れるコーナーです。

また、草履の修理や草履のご相談もしてくれます。

浅草の一流草履メーカーさんで多くの方にご好評頂いております。


こちらは、桐ダンスのコーナーです。

大切な着物を湿気から守って頂けます。

桐ダンスで有名な地元春日部より来て頂きました。

着物の保管の仕方や気を付けなければならないことなど気軽に相談頂けました。


この他にも、鼈甲の仏間額など貴重品がコーナーとして揃えさせて多くの方に喜んで頂きました。

浴衣浅草に行かれる着付けのお客様

今回は、親子3代で浴衣を着て浅草にお出かけになるお客様の着付けをしました。


年代で着る浴衣の柄も違いますね。

左から、紺一色の絞りの浴衣に夏の博多風献上柄の半幅帯がよく似合っています。

ピンク地に麻の葉の柄と桜の柄が入っている浴衣です。色は派手目かもしれませんが、落ち着いた感じになっています。帯は、赤とピンクのリバーシブルの半幅帯になっています。

最後は、濃い紫地に乱菊の柄が入っている浴衣です。白地の帯が全体を引き立ててくれています。


後ろ姿も3人共に個性的な帯結びでした。
3代で浴衣を着てお出かけになるなんて、本当にありがたいことで思い出になるひと時だったと思います。

ありがとうございました。

越谷花火大会でお客様と親睦を深めました

今日は、越谷の花火大会で一部のお客様と浴衣を着て親睦を深めました。


この日は、曇り空で雨もパラパラと降って一時は花火大会が中止になるかと思うぐらいの天気でした。

しかしながら、花火大会開始時間になると雨が止み、花火が打ち上がりました。

手作りの食べ物でお酒を飲みながらたわいのない話で盛り上がりました。


店頭からは、タワーマンションが影になって見えなくなりましたが、チョット外れると花火が見えます。


子供さんも楽しめるようにヨーヨー釣りやスパーボールすくいなどで楽しんでいました。

店頭で手持ち花火もやっていましたよ。


最後は、ビンゴ大会で一位はナント30万円?

ではなく、30万円貯まる貯金箱に盛り上がりました。

お金を貯めてまた着物を楽しんでいただけたらと思っております。
ご参加いただきましたお客様、ありがとうございました。